妊娠中の女性が注意する食べ物

バナー

妊娠中の女性が注意する食べ物

女性は妊娠すると体に様々な変化が現れます。


つわりや微量の出血、肌荒れなどの症状が出ますが、妊娠1ヶ月~2ヶ月はまだ妊娠に気づかないこともあります。


妊娠2ヶ月で子宮は鶏卵の倍にまで大きくなり、つわりが始まります。


妊娠3ヶ月になると子宮は握りこぶしほどとなり、子宮の周りが圧迫されて頻尿や便秘になりやすいです。

妊娠4ヶ月目でお腹に手を当てると膨らみを感じ、つわりが軽減されて乳房が大きくなります。
赤ちゃんはこの期間も母親が摂取したものを栄養に成長しています。

妊娠初期は実感は沸かなくても確実に命が育まれているので、日常生活には注意しなければなりません。食事ではナチュラルチーズなど加熱処理していない乳酸菌やスモークサーモンや生ハムなどの魚介類や肉の加工品は控えます。

家畜や魚介類、昆虫に住み着くリステリア菌は、妊娠中の女性が体内に取り込むと体力や免疫力が低下します。
赤ちゃんも感染し早産や流産のリスクが高まります。

また加熱が不十分な肉はトキソプラズマに感染する可能性があります。

トキソプラズマに感染した赤ちゃんは流産や死産の可能性があり、生まれても脳や目に障害を持つことがあります。

母親は風邪のような症状なので気づきにくいですが、赤ちゃんは50%の確率で感染します。

マグロに含まれるメチル水銀は、自然界に存在しており栄養価が高いです。普通は少しずつ体外に排出されます。

しかし赤ちゃんには水銀を処理する能力がないので、神経障害や発達障害を引き起こします。
マグロやカジキのような大型の魚は、食物連鎖で高い位置に存在し、少しずつメチル水銀を取り込んでいる可能性が高いです。

日本人が摂取する水銀の80%以上が魚介類を食べたことに起因するので、妊娠初期は1週間に1回~2回までとします。

日本の卵は生の状態であっても世界で一番安全とされますが、サルモネラ菌に感染する恐れがあります。

赤ちゃんがサルモネラ菌に感染しても障害が残ることはありません。

ただし母親が食中毒を引き起こして激しい下痢をすると、子宮の収縮が促進されて流産や切迫早産につながります。
卵を選ぶ時は殻にヒビが入っていない新鮮なものにし、生のままではなるべく食べないようにします。

サルモネラ菌は生スプラウトや生肉、加熱処理していない乳酸菌からも感染します。

子宮の収縮を早めるという点では、ウコンやシナモン、バジルなどの香辛料とアロエにも注意します。香辛料は食欲を増進したり体を温めることができますが、たくさん摂取するのは危険です。


調味料として少し使いくらいならば問題ありません。シナモンは女性に好まれる香辛料で、お菓子に使うこともあるので風味がした時は少なめにします。

アロエの皮は便秘を解消するので美容や健康におすすめですが、アロインという成分が子宮を収縮させます。

ヨードは適度に適度摂取すれば赤ちゃんを健康にしますが、過剰摂取で甲状腺機能を低下させるので海藻類や合わせ調味料は食べ過ぎないようにします。

https://4meee.com/articles/view/1001271
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11117332071
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12114983867

利便性を重視したタトゥー除去の値段の情報を集めました。





刺青除去情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

女性白髪のウィッグの情報が必ずあります。