保冷剤を有効活用する方法

保冷剤といえば、食品が傷まないように冷やしたり、スポーツの後に体を冷やしたりと、冷やすことが目的とされています。しかし、食品についてきた保冷剤など、どんどん冷凍庫のなかに溜まってきてしまいます。
夏には大活躍ですが、冬の間は使用頻度が減ってしまいます。
食品を冷やすほかに、どんな活用方法があるのでしょうか。


冷やすのであれば、洗顔後に毛穴の引き締めのためのパックかわりにできます。タオルなどに包んで、直に肌に当たらないようにしてください。

毛穴が引き締まって肌の調子がよくなります。

風邪をひいたときにも利用できます。

温度履歴といえばこちらのサイトです。

おでこにはるシールタイプもありますが、年齢の小さい子は貼りたがらず、貼っても自分で剥がしてしまいます。

ガジェット通信情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

そんな時は保冷材の出番です。
長めのタオルを巻いて、わきの下を冷やしましょう。



これならば自分で取れないので、効率よく冷やすことができます。


保冷剤を入れるための専用の布やグッズもドラッグストアで購入することもできます。

上記どちらの使用方法も必ず守ってほしいのが、肌に直接つかないようにすることです。
低温やけどなどの原因になってしまいます。
体以外に使うことはできるのでしょうか。
結論からいいますと、できます。
たとえば、お好みのアロマオイルをたらして芳香剤として使ったり、消臭剤入りの保冷剤ならば、平たくして消臭剤としても使用できます。
これは、凍っていない状態で袋から出して使用するので、小さい子やペットがいる家庭では手が届かないように、置き場所に気を付けてください。誤飲の原因になってしまいます。


冷凍庫に眠っている保冷剤、この機会に活用してみましょう。