知っておきたい保冷剤の継続時間と長持ちさせるコツ

保冷剤とは、物を低温に保つために用いられる薬剤のことです。


日常的には、ケーキやアイスクリーム等を購入した際に、お店からもらえたりします。

温度履歴の為になる情報です。

低温に保たないといけない食材を持ち運ぶときに重宝されています。

保冷剤には色々な種類があり、継続時間はバラバラです。ケーキ屋でもらえる小さいサイズは、基本的には2時間前後となっています。

これには理由があり、最近が増殖せず食中毒などの危険性から回避できる時間となっています。

nanapiに関する有益な情報が満載です。

ケーキ屋でも外で持ち運ぶ時間を聞いてくれるのは、目安の時間があるためです。ちなみに、2時間以上外で持ち運ぶ場合は保冷剤より低温に保つ時間の長いドライアイスを使用することになります。キャンプやピクニックに行く場合、2時間前後の継続時間では足りないと感じることもあると思います。実際、夏場は食材が痛みやすい時期ですので、せっかくの弁当の時間が台無しになることもあります。そこで、保冷剤を長持ちさせるコツは、弁当箱を冷凍するということです。

前日のうちに弁当を作っておき冷凍させておくことで、低温状態を長くさせることができます。


朝出発して昼には解凍されていますので、是非実践してみて下さい。


クーラーボックス内でも、長持ちさせるコツがあります。



新聞紙やチラシなどいらない紙を保冷剤に巻き付けると長持ちします。


新聞紙やチラシが除湿することで、冷却効果を高めてくれるためです。


他には、アルミホイルも熱伝導率が高いため、効果が見られます。